カードローン 申込み 流れ

カードローンの申込みから契約までの流れ

カードローンは申し込みから契約まで来店の必要がないので、気軽に利用できると人気になっています。カードローンの申し込み方法も多彩で、パソコン、携帯電話、スマホ、フリーダイヤル、自動契約機、店頭窓口、郵送などがあります。

 

pcと女性

カードローンの申し込みをネットでする場合は、申し込みフォームに必要事項を入力して送信するだけです。入力する情報には間違いがないことを確認してくださいね。また、無職の人が、最近まで勤めていた勤務先を申告したりすると在籍確認で、嘘がばれてしまいますから、そういうことは絶対にしないでください。無職の人が偽装会社を使ってカードローンに申し込むのも詐欺行為になるのでダメです。

 

カ−ドローンの申し込みフォームに入力した情報が間違いがないことを確認して送信したら、すぐに仮審査の結果がメールか電話で知らされます。電話があった場合は、申し込み内容についていくつか質問があり、その後在籍確認が行われます。業者によってはこの在籍確認は、本人確認書類を送った後に行われる場合もあります。いずれにしてもこの在籍確認は必ずあるので、無職だと審査ができません。

 

カードローンの仮審査に通ったら、本人確認書類を送付します。本人確認書類として送付できるのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。本人確認書類は本人の名前と現住所が確認できるものですが、ばもし、書類上の住所と現住所が違う場合は、現住所が書かれている公共料金の領収書などを送れば、大丈夫という業者もあります。本人確認書類を送ってから大体早ければ30分くらいで本審査の結果がメールか電話で知らされます。もし、契約内容に問題がなければ、契約手続きをしてください。契約手続きは会員専用ページから行うことができます。契約手続きが完了すると振込みでのキャッシングができ、指定の口座にお金が振り込まれます。

 

カードローンは原則収入がある人が申し込みができますが、カードローンによっては無職の専業主婦が申し込みできるところもあります。その場合は、「専業主婦専用申し込みページ」があるところもあるので、そちらから申し込んでください。また、無職で年金受給だけで生活している方がカードローンに申し込む場合は、申し込みフォームの年収のところに、年間の年金受給額を入力します。ただ、年金受給のみで生活している無職の方が申し込めるカードローンは限られているので、申し込み前に確認してくださいね。