カードローン 金利

カードローンの金利の決まり方

カードローンの申し込みをしようと思う人は、なるべく低い金利で借りたいですから、いろいろな消費者金融や銀行のサイトを見て、カードローンの金利を比較すると思います。カードローンの金利を比較してわかるのは、銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも金利が低いという点です。大体最高14.5%(実質年率)ぐらいですね。でも、消費者金融だと最高金利は18.0%(実質年率)というところが多いです。小さな消費者金融なら20.0%(実質年率)というところもあります。

 

カードローンは、一般に金利が高いほど審査が緩くなっています。つまり、属性がさほど良くない人にも貸す消費者金融は、貸し倒れのリスクも加味して年率を高くしているわけです。属性に含まれる項目はたくさんありますが、たとえば職業や、勤務先、勤続年数、住居、今までの借り入れやクレジットの利用状況などです。小さな消費者金融のカードローンだと、無職の人にも貸し付けをする場合もありますが、それだけ貸す方のリスクは高くなりますので、金利も高くなりますね。無職といっても、全く収入がない人には貸せないので、本人は無職でも配偶者に安定した収入があるとか、無職だけど年金を受給しているとか、一時的に失業して無職の状態だけれど、失業保険の給付を受けられることになっている、などの場合は、借りられる可能性もあります。

 

カードローンの金利は、小さな消費者金融ほど高くなりますが、年率20.0%は超えてはいけないことになっています。また、銀行のカードローンお場合などは、限度額に応じた金利が公表されているところがあるので、それを見れば自分が希望した限度額だとどれぐらいの金利が適用されるかがわかり、返済シミュレーションもしやすくなります。カードローンの金利は限度額が低いほど高くなります。ですから、無職の専業主婦や無職の年金受給者がカードローンの申し込みをする場合は、限度額が低く設定されるので、当然金利も高くなりますね。

 

考える男性