無職 カードローン 偽装会社

無職の人をカードローンの審査に通すためのサービスとは

アリバイ会社というのがあります。または、偽装会社とも呼ばれます。
アリバイ会社はいろいろの目的で利用されます。たとえば、無職の人がカードローンの申し込みをしたい場合、カードローンの在籍確認の電話を受けてもらう、無職の人が収入証明書や社員証を発行してもらう、賃貸契約をする時に必要な給料明細を発行してもらう、無職の母親が子供を保育所に入れるときに必要な勤労証明書(就労証明書)などを発行してもらうなどです。

 

受付窓口

偽装会社を利用して融資を受けている人もいるようですが、無職の人がカードローンの審査に通ろうとして、虚偽の申告をするのは詐欺行為です。詐欺罪に問われる可能性がありますから絶対にやめましょう。また、無職なのでアリバイ会社を利用したもののそのことがすぐにばれて、賃貸契約が解消になったというケースもあります。また、カードローンの申込みでアリバイ会社を使ったことがわかれば、その金融機関のカードローンはおそらく二度と利用できないでしょう。

 

無職の人は、カードローンが利用できないと思ってかなり焦って、アリバイ会社を使うようですが、本当に生活に困っているなら、「生活福祉資金貸付制度」という公的な融資制度を利用することもできます。これは失業して無職になり、生活困っている場合、一時的に生活資金などを借り入れることができる制度です。カードローンで借りるよりも返済負担が軽減されますから、無職で借り入れを検討している方なら一度、ハローワークに行って求職申し込みと職業相談をしてください。そのあと市区町村の社会福祉協議会で申し込みができます。